2016.8月落語茶屋ソネス怪談特選「あおきもみじゆれる因縁」

11150545_518054631693291_879270271924164559_n
暑中お見舞い申し上げます。
2016.8月落語茶屋ソネスは、みなさまお待ちかねの怪談特選。
「あおきもみじゆれる因縁」
椿亭豆猫こと酒瀬川真世と、真打・痛風亭本物こと山下晶。
落語茶屋ソネスでもとっておきのふたりの競演です。

クロキカオリ書きおろし、椿亭豆猫の博多怪談巻物語りは、
毎年、博多の歴史に基づいて描かれ、美しく哀しき物語。
今年は香椎の「馘塚(みみきりづか)」にまつわる物語です。

そして痛風亭本物が今回、満を持してお送りするのは、
夢野久作の怪作「人間腸詰(にんげんそうせいじ)」
独特の不気味でじっとりとした久作ワールドをたっぷりお届けします。

熱たっぷりの二人の噺だけでは背筋が凍る。
幕間の涼風、タケダ2000GTが、みなさまの救いの菩薩のごとく、
暑中お見舞い申し上げます。

怪談特選では、なぜか出演者が落語の回の倍も張り切る。
力のこもった怪談噺にご期待くださいませ。

2016.8月落語茶屋ソネス 怪談特選
「あおきもみじゆれる因縁」
2016.8.2 (火) 20:00open/20:30start
at cafe SONES 1,500円ワンドリンク付

一、クロキカオリ・作「馘塚(みみきりづか)」
 椿亭 豆猫/酒瀬川 真世

一、幕間菩薩「暑中お見舞い申し上げます」
 タケダ2000GT

一、夢野久作・作「人間腸詰(にんげんそうせいじ)」
 痛風亭 本物/山下 晶(imajina-l)

夏の日差しに涼風を添える、あおいもみじの
ゆれる無数の掌ほどに、
さずかるご縁のありがたさを感じながら
お盆の支度をいたしましょう。
席亭 クロキカオリ