2017.3月落語茶屋ソネス「大地の歓びを鼓草に乗せて」

E3819FE38293E381BBE3829AE381BBE3829A1
いつもの景色のなかに、
毎日、どこかしら春を見つけては嬉しい、
そんな季節が来ましたね。
みなさま、ご機嫌におすごしですか?
2017年弥生の落語茶屋ソネス、お題のお花は鼓草。
春のひなたの代名詞、たんぽぽのことです。
うららかな春の訪れを喜ぶ日常にひとときの落語の夕べ。
椿亭 豆猫こと酒瀬川真世と
曽根巣家 月曜こと光安和幸と
タケダ2000GTが、春の息吹をお届けします。

豆猫さんから、おもしろいワルダクミが始まります。
先月、曽根巣家月曜がお送りした「元犬」を
違う演者に乗せてみたらどうなるかしら?
落語茶屋ソネスはいつも演者に合わせて
古典をセミオーダーメイドに書き下ろしますから、
豆猫さんが演じるならば「元犬」は「元猫」に。
どんな世界が立ち現れるか楽しみです。
そして先月「元犬」をお送りした曽根巣家月曜さんは
次は古典の「道灌」に。
この「道灌」にもマンデーさんならではの、
セミオーダーメイドとなっております。
タケダ2000GTさんの幕間歌謡も春バージョン。
お散歩しながらつい鼻唄でこぼれてしまう唄たちについて
たのしい考察とおすすめの鼻唄など、
見識を深められる興味深いひとときです。

2017.3月落語茶屋ソネス「大地の歓喜を鼓草に乗せて」

2017年3月7日(火) 20:30 カフェソネスにて
1,500円ワンドリンク付
予約不要・参加ボタンクリック推奨

一、「元猫」椿亭 豆猫/酒瀬川 真世

一、「春のハナウタ考察」タケダ2000GT

一、「道灌」曽根巣家月曜/光安 和幸

みなさまのお運びを心よりお待ち申し上げております。

席亭 クロキカオリ