2017.6月落語茶屋ソネス「中村いちごが江戸へ出荷されます」


みなさまに可愛がっていただいております、
中村いちごこと中村雪絵が、このたび、
旬のうちにということで、
江戸に出荷されることとなりました。
つきましては、いちごの江戸での活躍を祈り、
6月の落語茶屋は「いちごの会」といたしましょう。
送り出しには落語茶屋ソネスの最古参の曽根巣家月曜が、
江戸へ旅立ついちごにエールを送ります。
えほんらくご「ありがとうともだち」
過去に別離と旅立ちを経て今、未来に向かっているひとや、
夢に向かう友と別れ、後ろ姿を応援しているひとへ、
心を込めておくります。
幕間にはタケダ2000GTが、中村いちごの益々の繁栄を祈り、
中村を寿ぎ、いちご味のひとときをお送りします。
中村いちごは、「棒鱈」
これしかできませんが、これはピカイチなのでございます。
古典の江戸落語をソネス味に大胆アレンジした、
中村いちごにしかできない「棒鱈」をぜひお楽しみください。

2017.6月落語茶屋ソネス
「中村いちごが江戸に出荷されます」
2017.6月6日(火) 20:30(開場は開演の30分前)
at カフェソネス 092-741-8287
入場料 1,500円ワンドリンク付 
※予約不要、参加ボタン推奨

一、えほんらくご「ありがとう ともだち」
  曽根巣家 月曜/光安 和幸

一、幕間歌謡「中村を寿ぐスペシャルいちご味」
  タケダ2000GT

一、古典落語「棒鱈(ぼうだら)いちご味」
  中村 いちご/中村 雪絵

あじさい、そろそろ咲きますかしら?
みなさまにお会いできます事を楽しみにいたしております。