2018.7月落語茶屋ソネス「逢魔刻、貧乏神と人魚姫」

暑くなり・・・ましたかね。ましたよね。
エアコンが効きすぎるほどに、さぞかし外は、と
照りつける夏の太陽を思い浮かべる毎日です。
博多部は山笠の支度で、そのたび新入社員が駆り出され、
人手不足でわちゃわちゃしてしまうのも夏の風物詩。
親愛なるみなさまにおかれましてはいかがお過ごしでしょう。

さて、今月の落語茶屋ソネスは異界のものたちのお話。
逢魔刻が楽しいこの季節にぴったりです。
リーチこと痛風亭立直は上方落語の「貧乏神」
まんでーさんこと曾根巣家月曜は夏らしい「人魚姫」
そして幕間歌謡はタケダ2000GTさんでお送りします。
時間があれば、席亭による博多祇園山笠Q&Aも!

2018.7月落語茶屋ソネス「逢魔刻、貧乏神と人魚姫」
7月3日(火)20:00開場、20:30開演
於;カフェソネス 木戸銭1500円ワンドリンク付
予約不要、飛び込み大歓迎

浴衣おろしに落語茶屋。サンダルおろしに落語茶屋。
夏の始まりのひとときをあなたといっしょに過ごしたく、
お会いできますことを楽しみにお待ちしております。