2015.9月 番外 晩夏の怪談会

9月の第一火曜は9月1日でございまして。
毎年のお楽しみ、怪談でお楽しみいただきましょう。

いにしえのときのひとびとの暮らしを
思い浮かべるのが愉しい、落語のひととき。
落語茶屋ソネスの怪談噺の回には、毎年、
クロキカオリが博多の歴史を紐解いて紡いだ、
博多ゆかりの創作怪談噺をご披露しています。

放生会と美野島を描いた「蓑島狐」
大浜流灌頂と遊廓を描いた「灌頂奴」
濡れ衣の言葉の語源となった「濡衣塚」
さて、今年紡ぎますお噺は、
龍宮寺由来と元寇襲来の博多を描いた「八咫烏」
鎌倉時代の博多の町へご案内いたします。
案内役は毎年のコンビ、椿亭豆猫こと酒瀬川真世。

そうしてもうひと噺、色気に堕ちるは怪談の醍醐味。

落語らしい愉快な怪談噺で沸かせてくれます。

曽根巣家落花生こと天野智範「ろくろ首」もお楽しみに。

9月1日(火)20:00open/20:30start
於;カフェソネス 092-741-8287
1,500円 ワンドリンク付き

一、「ろくろ首」曽根巣家 落花生/天野 智範
一、「八咫烏」 椿亭 豆猫/酒瀬川 真世

月初めの心忙しいときだからこそ、
夕べの風とともに颯爽と心を洗いにおいでくださいませ。

11907222_511976518967769_2016392602574062207_n