2019.8月落語茶屋ソネス「夏、どてっぺん」


暑中お見舞い申し上げます。
みなさまにおかれましてはいかがお過ごしでございましょうか。
雨の被害などございませんでしたでしょうか。

夏どてっぺんの落語茶屋ソネスのご案内でございます。
誠に心苦しいのですが、熱気たっぷりにお届けします。
まずはこの頃古典にいそしんでいたマンデーさんが、
久々に、ご本家、えほんらくごに帰ってまいりました。
新作のえほんらくご、しかも実話を基にして描かれた、
忠義ある犬っころシロのお伊勢参りのお話です。
そして久々の登場、痛風亭十一弱(ジャック)こと到生が
満を持して大ネタ「居残り佐平次」に挑みます。
そして、そして、
みなさま、大変長らくお待たせいたしました!
タケダ2000GTさんの、春休みと夏休みが終わりまして
世間様よりいち早く、二学期開始と相成りまして、
今回より幕間歌謡、復活でございます。

暑さにやられがちな毎日でございますが、
ぜひとも帰り道のいっときの涼に、または冷やかしに、
お足をお運びくださいますよう、
何卒お待ち申し上げております。

2019.8月落語茶屋ソネス「夏、どてっぺん」
2019.8.6(火)20:00open 20:30start
at カフェソネス 中央区薬院1−16−18
木戸銭1500円ワンドリンク付き 
(予約不要、滑り込み歓迎、参加ボタン推奨)

一、えほんらくご
  「いぬのお伊勢詣り」曽根巣家 月曜/光安 和幸

一、幕間歌謡 「ご存分によろしく」タケダ2000GT

一、「居残り佐平次」 痛風亭 十一弱/到生