肉食女子のみなさまへ

「肉食女子のみなさまへ」
3月3日

イイ声、イイ間、イイ眼差しってのは、
落語に限らず語りに不可欠な魅力でございまして、
こればっかりは、いくら鍛錬したって身に付くもんじゃござんせん。
天からの授かりモノだと思うわけです。
そうしてこの、絶品の、イイ声、イイ間、イイ眼差しってのは、
女子の主食といっても過言ではござんせん。
そうサね、植物でいうところの、おひさま、降る雨、この大地。
生きるエネルギーそのものに相違ござんせん。
ときに、3月3日は何の日でござんしょか?
そうです、、女子の節句、桃の節句でございます。
桃は太古から不老不死をもたらすアンチエイジングの秘薬。
ちょいと、ひなあられかじってる場合じゃござんせんよ。
イイ声、イイ間、イイ眼差し、浴びるように堪能されまして、
目出度き節句をお迎えのみなさまにおかれましては、
さらに、女子力とエネルギーとアンチエイジングと
お帰りまでに笑い皺の2,3本をおつけいたしまして、
ワンドリンク込みで、なんと、1,200円!
イコネの晩酌セット付きでは、なんと、1,600円!
って、なんだかジャパネットタカタ風口上と相成りましてございますが、
演者へのハードルを上げに上げ奉りましたところで、
ぜひとも、3月3日20時半には、
落語茶屋ソネス弥生の会へお越し下さいますよう、
心より、御願い奉りまする〜。

肉食女子のみなさまへ